御茶屋跡、MUTTE2周年祭

MUTTE/ CAFE DU GRACE / 御茶屋跡



2019年4月に御茶屋跡、MUTTEは2周年を迎えます。あっという間の2年でしたが充実した2年となりました。
2周年に伴いたくさんの方たちにご協力頂き、2周年にふさわしい様々な企画を開催いたします。是非ご来場お待ちいたしております。


また明日2019年4月1日正午よりカフェドグラス、御茶屋跡、MUTTEの全店舗ホームページが新しくなります。各SNSにて明日朝URLをお伝えいたします。是非ご覧いただければ幸いです。






a0132801_23453133.jpg

御茶屋跡 二周年祭
2019.4月13日(土)- 4月21日(日) 10:00-17:00
*会期中お休みはございません。


瀬戸内海の小さな港町-牛窓-。昔の風情が残るしおまち唐琴通りに御茶屋跡をオープンして二年が経ちました。
この度オープンからご紹介させて頂く作り手に声をかけ、一堂に作品をご覧いただける機会として二周年祭を開催いたします。また御茶屋跡にて幾度とご紹介してきた櫻井焙茶研究所の茶会、亀田カレーとMOUNTCOFFEE、加藤佳奈子の料理と菓子、そしてスペシャルゲストに靴磨き世界一のBrift H長谷川裕也氏もお招きし新しい試みでご紹介したいと思います。多くの作り手、料理家にご協力を頂きながらここ-牛窓-でしか感じられない楽しい八日間を過ご頂ければと思います。


また同時に2周年企画として、YAECA服部氏、井出氏と共に作り上げた御茶屋跡とYAECAホーム限定のオリジナルカディを発売します。瀬戸内海の風とともに作り手たちの手仕事の音色が響き渡ればと思います。


出品作家
accesary MAU(ジュエリー)、あわびウェア(陶)、市川岳人(木工)、伊藤環(陶)、wica grocery(帽子)、岡田直人(陶)、艸田正樹(硝子)、COOVA(織)、しゅんしゅん(素描)、SOMA(木工)、YAECA(洋服)、オリジナルカディドレス、FRANCE ANTIQUE



【御茶屋跡2周年祭EVENT】

a0132801_23460751.jpg
4月13日(土)13:00-17:00
櫻井焙茶研究所
『茶房 御茶屋跡』

櫻井焙茶研究所所長 櫻井真也氏をお招きし、東京青山にて提供するお茶数種を御茶屋跡にて1日限りお楽しみ頂けます。
*茶会ではなくフリーでご注文頂けます。
*混雑時はお待ちして頂く場合がございます。
*ご予約は承っておりません。
*なくなり次第終了とさせて頂きます。




a0132801_23452366.jpg
4月13日(土)13:00-17:00
Brift H 
『POP UP STORE -甦る-』
路上から東京青山にお店を構えるまで成長し、昨年靴磨き世界選手権にて見事チャンピオンに輝いたシューシャイナー長谷川裕也氏をお招きします。『汚れ落とし、栄養補給、シャイン』まるで当初の御茶屋跡を思い出すかのような行程は、物への感謝と原点を気づかせてくれます。

「靴磨き」約20分 2,500円(税込)


*時間内 随時フリーで受け付けております。
*革靴を1足お持ちください。
*混雑時はお待ち頂く場合がございます。
*ご予約は承っておりません。




a0132801_23461433.jpg
4月14日(日)
MOUNT COFFEE×亀田カレー
全国各地のカレーを追い求め探究し続ける亀田氏。今回は人気のあるチキンカレーと新作のエビレモンカレーをハーフ&ハーフ
で提供します。食後には豆を求めアジアを旅する自家焙煎珈琲のMOUNT珈琲山本氏をお招きし、香り高いネル珈琲でブレイクタイム。
『チキンカレー&エビレモンカレー』
×『MOUNT珈琲』
価格/1,500円(税込) 定員/20名 予約可
時間/11:00~14:00
*なくなり次第終了とさせて頂きます。



a0132801_23455422.jpg
『MOUNT COFFEE』
価格/500円(税込) 
時間/10:00~17:00
*御茶屋跡オリジナルブレンド豆のテイクアウト
もございます。





a0132801_23451193.jpg
4月20日(土),21日(日)
Campagne
加藤佳奈子の料理と菓子
彼女と出会って約5年。瞬く間に多くの人たちを魅了する料理家となりました。今回は様々な器を使った予約制の料理の会と子供から大人まで楽しめるプリンアラモードの会をご用意しました。

20日/『料理会』
価格/前菜、スープ&パン、メイン、デザート、お飲み物 6,000円(税込) 
定員/16名 予約制
時間/11:00~8名、13:30~8名

*ご予約は4月1日10時よりメールにて承ります。タイトルに『加藤佳奈子の料理会』と明記しお名前、人数、お電話番号、希望時間を明記の上、御茶屋跡までメールをお送りください。メール頂いた順にお返事させて頂きますので定員になり次第終了とさせて頂きます。お電話にてご予約はご遠慮ください。


a0132801_23450261.jpg
21日/『プリンアラモード』
価格/1プレート1,000円(税込)
定員/48名
時間/10:00,11:00,13:00,14:00(各会12名)
*ご予約は承っておりません。
*当日9:30より整理券を配布いたします。10:00より整理券の順にご案内させて頂きます。
*なくなり次第終了とさせて頂きます。







MUTTE2周年祭
本年4 月29 日(月)をもってMUTTE は2 周年を迎えます。これもひとえに皆様のご愛顧やお心遣いがあってのこととスタッフ一同感じております。皆様への感謝の気持ちを込め、これを記念した催しを開催致します。

この度、櫻井焙茶研究所 櫻井真也氏とBrift H 長谷川裕也氏をお招きし、日本で初めてお二方の催しを同時開催いたします。日本に新たな価値観を根付かせた両者は、次のステージへと世界に向け歩み始めました。

本展の企画パフォーマンスでは「お茶と靴磨き」というまだ見たことのないお二方の日本初のセッションをご覧いただけると思います。
両者の美意識が会場内を包みこむことでしょう。キャスト、ゲスト共に同じ時間をご一緒できればと思います。以下をご一読の上、お申込みをお待ちしております。尚、4 月1 日より一般者様の募集を開始させて頂きます。



【2周年祭企画 ① / ARTS&SCIENCE】
期間:4 月13 日( 土) ~ 4 月21 日(日) * 期間中 水曜木曜定休
対象:4 月14 日(日)以外、11:00 ~ 19:30 の間どなたでもご覧頂けます。
内容:上記期間中、普段店頭には並ばないARTS&SCIENCE の商品をご用意しております。レディース、ユニセックスのお洋服や革製品など、ブランドのご厚意による機会となります。是非お運び下さい。


【2周年祭企画 ② / 櫻井焙茶研究所×Brift H】
期間:4 月14 日( 日) 10:00 ~ 19:00 * 一般には店舗休業日とし、招待状が届いた方と催しの参加者のみに開放致します。
対象:招待状が届いた方、 HPやInstagram を見て事前にお申し込みされた方
申込:TEL / 086-289-6300 もしくは メール / mutte_okayama @ybb.ne.jp にて 氏名/電話番号/参加希望の催し(複数でも構いません)をお伝えください。
他: お支払いは当日現金にてご用意願います。 招待状がお手元にある方は必ず当日ご持参ください。



a0132801_23421504.jpg
① 櫻井焙茶研究所 所長 櫻井真也氏による日本茶のワークショップ
内容:テーマは「ブレンド」、製法による違いの茶葉をカッピング形式で試飲。御自身の感覚でオリジナルの茶葉をブレンドして頂きます。この機会に美味しいお茶の淹れ方をお聞ききください。
時間:1F 10:30 ~ 12:00
定員:10 名(事前申し込み必要)
価格:6,000 円(税込)※お菓子付




a0132801_23423174.jpg
② Brift H 長谷川裕也氏による靴磨きのワークショップ
内容:御自身の靴を1 足持参頂き、長谷川さんに靴磨きを教えて頂きます。
時間:3F 10:30 ~ 12:00
定員:10 名(事前申し込み必要)
価格:5,000 円(税込)※珈琲又はワイン付



③『お茶と靴磨き』 パフォーマンス&セッション
内容:櫻井真也氏と長谷川裕也氏による、世界初の『お茶と靴磨き』パフォーマンス。互いに共通点を見出し、各々が解釈をしつつ個に落とし込み、両者が同時にパフォーマンスを繰り広げて頂きます。その場でしか起きない完全なセッションイベントとなり、そこには新たな価値観を創造することとなるでしょう。
時間:1F 14:00 ~ 15:00
定員:12 名(事前申し込み必要)
価格:8,000 円(税込)茶3 種+ 菓子1 種



④トークショー 『櫻井真也× 長谷川裕也』
内容:一見異なるフィールドで活躍されているお2 人。互いの共通点や美意識とは…。日本初となる対談となります。
時間:1F 16:00 ~ 17:30 (17:00 ~質疑応答)
定員:なし *要予約
価格:1,500 円 ※ワンドリンク付   :① ② ③いづれかの催しに参加の方・招待状を持参の方は無料


櫻井 真也
株式会社櫻井焙茶研究所 代表取締役/一般社団法人 茶方會 草司
和食料理店「八雲茶寮」、和菓子店「HIGASHIYA」のマネージャーを経て2014 年に独立。日本茶の価値観を広げて新しい愉しみ方を提案すべく、東京・南青山に日本茶専門店「櫻井焙茶研究所」を開設。
「ロースト」と「ブレンド」を基とし、各地より厳選した日本茶をはじめ、店内でローストした焙じ茶や、国産の自然素材を組み合わせた四季折々のブレンド茶を販売。併設の茶房では、玉露や炒りたての焙じ茶はもちろんのこと、櫻井焙茶研究所ならではのお茶のコースや茶酒などを和菓子とともに愉しめる。
一般社団法人 茶方會では、現代における茶の様式を創造し、継承していくための活動として、国内外における呈茶やセミナーを行うほか、
メニューの企画・提案、淹れ手の育成などを担う。


長谷川 裕也
Brift H(ブリフトアッシュ) 代表
20 歳の時に東京駅の路上で靴磨きを始め、その後品川駅港南口へ活動拠点を変え、2008 年に南青山にバーのようなカウンターで靴を磨く斬新なスタイル『Brift H AOYAMA』をオープン。
2015 年、化粧品会社と共にオリジナルの靴クリームを発表。2017 年、靴磨き本場イギリスロンドンで開催された靴磨きの世界大会「ワールド チャンピオンシップ オブ シューシャイニング」において世界チャンピオンとなる。現在世界各国からシューシャイナーとして招待をうけ、靴磨きを行うと同時に、各国の大会の審査委員としても活躍する。
“日本の足元に革命を”起こしたいと、常に新しい靴磨きのスタイルを作り続けている。
著書:『靴磨きの本』『自分が変わる 靴磨きの習慣』






御茶屋跡、MUTTEを今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
このブログも本日をもって終了したいと思います。長年ご覧いただきました皆様ありがとうございました。
今後は各店舗のインスタグラムにて情報をお届けしたいと思います。








# by cg2006 | 2019-04-01 00:03

御茶屋跡 2周年祭.

MUTTE/ CAFE DU GRACE / 御茶屋跡


御茶屋跡の2周年祭が決定しました。
2周年祭にふさわしいメンバーと共に頑張りたいと思います。
宜しくお願い致します。


御茶屋跡2周年祭>>>


2周年祭に伴うお問い合わせは御茶屋跡まで宜しくお願いします。


# by cg2006 | 2019-03-20 17:02

あわびウェア

MUTTE/ CAFE DU GRACE / 御茶屋跡

本日より御茶屋跡にてあわびウェアさんの展示会が始まります。

自分が使いたいものを作るのではない。人が使いたいと思うものを作る。洗いやすく、重ねやすく使いやすい。岡本さんの一環した思いは形に現れ、手にすればきっと届くはず。

一階はあわびウェアの資料展示、二階は約800点の展示となります。
どうぞお越しくださいませ。



# by cg2006 | 2019-03-16 07:27

2周年.

MUTTE/ CAFE DU GRACE / 御茶屋跡

昨日から上京しアーツ&サイエンスAW2019に。素材の奥行きから見える今までと違う景色に様々な視点から考えさせられた展示会でした。常に新しい世界に挑戦するソニアさんには刺激を頂きます。


本日は御茶屋跡、MUTTE2周年祭の打ち合わせ。櫻井焙茶研究所櫻井さんとブリフトH長谷川さんと三者で初顔合わせ。ミュッテでは2周年にアーツ&サイエンスにもご協力を頂き今までに無いクロスオーバーなジャンルレスのイベントを企画します。


御茶屋跡では常設でお取り扱いさせて頂く皆さまに作品を出展して頂き一堂にご覧頂ける機会を設けました。
期間中土日は毎日食のイベントも開催します。

御茶屋跡2周年祭 2019.4.13sat-4.21sun
ミュッテ2周年祭 2019.4.14sun-4.21sun




明日から3月16日御茶屋跡オープンへ向け牛窓に設営に入ります。淡路島で作陶するawabi wareの展示会は御茶屋跡オープンに合わせて3月16日からとなります。
期間中淡路島でレストランを営むハレノサラさんとパンの移動販売を営むchiQさんが御茶屋跡で食を開催。
詳しく御茶屋跡ホームページをご覧ください。

awabi ware 2019.3.16sat-4.7s







# by cg2006 | 2019-03-13 19:00

sen.

MUTTE/ CAFE DU GRACE / 御茶屋跡

本日よりしゅんしゅん氏の2回目なら展示会senを開催します。2年前開催した展示会では多くの方々に足をお運び頂き今回はその展示を上回るべく設営に取り掛かったのですが、僕は何もすることがなかった。彼が全てを作り上げた。シュミレーションの図面を片手に展示会に対する想いがひしひしと伝わってきました。

前回とまた違った包み込むような優しい空間。スリットから射し込む柔らかな光と彼の線が心地よくこだまする。前回より角がとれ今回は超える仕上がりだと思います。前回同様に作品は全て新作のsenシリーズ。

具象なのか抽象なのかいったい何を描いているのか。見る者に全てを委ねるこのシリーズは僕は好きです。

三年前僕が見た彼の作品の一本の線は今こうして展示会として成り立つほどになりました。

この空間には線以外何も無い。情報社会の中に何か感じていただけるものがきっとあると信じています。

ご来場お待ちしております。



# by cg2006 | 2019-03-09 01:03